本文へスキップ

熱傷(やけど)の当事者とその家族を支援するボランティア組織

活動内容activity

過去イベントの紹介 母子の会

第2回母子の会2003

日時 2003年9月14日 
場所 愛知県医師会館
人数 24名


今回の母子の会では、社会保険中京病院の長谷川 隆 先生のご協力の下、個別医療相談会も併せて行ないました。

 開会の挨拶、長谷川先生のご挨拶、そして、参加者の皆さんに自己紹介をしていただくことから始まりました。その後は、個別相談と懇親会を同時進行で行ないました。懇親会は、参加者の皆さんに自由にお話いただく時間と、全体での話し合いの時間をとりました。

 全体での話し合いでは、「(お子様のやけどに対する)周囲の反応」について意見交換をしました。また、幼少の頃に熱傷を負われた会員が「子供の立場」について、ご自身の子供の頃の体験や感じた事を通して、色々とお話して下さいました。

 参加してくれた子供達は、お菓子を食べながら、スタッフの方々と一緒に折り紙で遊びました。最初は、場に慣れない様子でしたが、会の雰囲気に馴染むと、次第に、にぎやかになりました。子供達は、皆とても素直で、見ていて微笑ましかったです。

 また、スタッフとして、母子の会をお手伝いして下さった、役員の山下景子さんが、子供達と参加者の皆さんの為に、手作りのパウンドケーキをご馳走して下さいました。心のこもったパウンドケーキは、とても美味しく、子供達も大変美味しそうに頂いていました。

 懇親会・医療相談終了後、地下鉄で名古屋港水族館へと向かいました。

 白イルカやペンギンなど、とても可愛く、大勢の観光客の中を、ゆっくりゆっくりと見て廻りました。医師会館に居る間から「ねぇ、ねぇ、水族館へ行く?」と楽しみにしていた子供達も、水族館のガラス越しに見る海の生き物に、しばしば足を止めて、興味深そうに見ていました。

 こうして、水族館での時間を過ごし、夜7時から見たイルカのナイトショーは、とってもダイナミックでした。

 これからも、こうした機会を通して、お母様方、そして、子供達が、出会いの輪を広げてゆけるような場を提供していけたらと思っています。


傷フェニックスの会〒457-8510
名古屋市南区三条一丁目1−10
 中京病院内
TEL 052-691-0648