本文へスキップ

熱傷(やけど)の当事者とその家族を支援するボランティア組織

よくある質問Q & A

やけどについて

活動内容について

会員登録について


やけどについて

Q1. 軽いやけどをしてしまったのですが、痕が残るか心配です。
2週間経っても傷が治らない場合には、一度形成外科へ行くことをお勧めします。2週間以内に傷が治るようでしたら、特に痕が残るといった心配はないと思われます。しかし、やけどを負った皮膚は日焼けしやすく、かつ健康な皮膚のようには色が抜けないので、日焼けには十分ご注意下さい。

Q2. やけど治療によい病院を教えてください。
当会では、組織の性質上、基本的に「どこの医療機関が良い」という仕方での病院紹介は行っておりません。ただ、会員のほとんどが病院での治療経験をもっていますので、イベント等で直接聞いてみるのも良いと思います。

Q3. 傷痕のカバーメイク方法を教えてください。
当会はメイクを専門とする団体ではありませんが、メイクに関連したイベント開催することがありますので、是非そうしたイベントに参加されることをお勧めいたします。また、メイクに関連しないイベントの折にも、カバーメイクを実際に行っている会員が多く参加されていますので、そうした折に直接聞いてみるのも良いと思います。

活動内容について

Q4. やけどをしていないのですが、イベントに参加してもよいですか?
是非ご参加下さい。
当会では、個別相談・講習会など人数制限のある場合以外には、特に「会員限定」というスタンスをとっておりませんので、当会の活動にご関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。

会員登録について

Q5. 入会するとどんな特典があるのですか?
・熱傷体験を持つ会員同士による旅行、親睦会などのイベントに会

    員価格で参加できます。
・毎年4半期ごとに発行するWEBニュースレター(Eメール)を
   ご購読いただけます。

Q6. 入会するのにお金はかかりますか?
はい、かかります。
当会に入会するためには、年会費2000円(毎年)の費用が必要です。
なお、これらの費用は当会が発行する機関誌作成や郵送費、イベント助成金などに支出されています。

Q7. やけどの重度/軽度の区別なく入会できますか?
はい、ご入会いただけます。
やけどの傷は、その大きさ/深さに関わり無く、わたしたちの心に影響します。重度/軽度の区別なく、「やけど」という繋がりを持つどなたでも正会員としてご入会いただけます。

Q8. 熱傷を負っていない者でも会員になることができますか?
はい、ご入会いただけます。
入会資料請求の際に「賛助会員」としてお申し込みください。また、年間2000円以上の寄付金をご入金いただいた場合、ご希望により当会の機関誌を無料送付いたします。

Q9. 子供が熱傷を負っているのですが、親だけでも会員になれますか?
はい、ご入会いただけます。




傷フェニックスの会〒457-8510
名古屋市南区三条一丁目1−10
 中京病院内
TEL 052-691-0648